睡眠学

 

睡眠学的リスクマネージメント

日本チームマネージメント協会では、睡眠学を用いたリスク管理を提唱しています。交通事故要因に睡眠不足がどう関わっているかを分析し、改善を促します。
また、睡眠不足改善は健康経営にも直結していきます。睡眠不足がもたらす経済的な損失を減らすサポートを致します。

眠気を感じる魔の時間

交通事故が発生する時間帯を分析すると、大きく3つの時間帯に分かれます。眠気を感じる要因は、睡眠時間の不足だけでなく、人体のメカニズムにも起因しています。運送業や、旅行会社にお勤めの従業員の方には、眠気を感じる時間帯に業務上、運転をしなくてはなりません。日本チームマネージメント協会では眠気が引き起こす業務への影響をサポートし、リスク管理をマネージメント致します。

脳を覚醒させる事でリスクを軽減

朝食

朝は脳が覚醒状態ではないため、出勤途中に交通事故を起こしてしまう事があります。脳を覚醒するために起床後は日光を浴び、朝食でたんぱく質を摂取しましょう。

午後2時~4時は要注意

交通事故が最も多い時間帯です。お昼過ぎの眠気は生体リズムが起因とされており、20分ほどの仮眠を取ることでリスクを回避できます。

夕方以降は要注意!

残業

人体のパフォーマンスは起床後12時間から13時間とされており、夕方以降は低下傾向にあり、集中力の低下による交通事故の原因にもなります。

生産性向上のカギは睡眠のマネージメントから。

健康経営を睡眠学的にアプローチ。「働き方改革」をチャンスに変える、企業で取り組む健康経営をマネージメント。

睡眠不足がもたらす経済損失

睡眠不足が経済へ大きな影響を与えている事は多くは知られていません。しかしながら、その経済損失額はGDPの3%に達する15兆円と先進5か国の中では日本がトップとなります。日本チームマネージメント協会では、「睡眠管理」に重点を置いたマネージメントで企業による交通事故発生率を削減し、生産性向上を目指します。

睡眠のメカニズム

睡眠のメカニズムを知ることで、効果的に対策を練ることが出来ます。仮眠を取るタイミングやカフェインを摂取することで眠気を抑制しましょう。
しかし、仮眠時間やカフェインの摂取方法などにはリスクがあります。まずは睡眠のメカニズムを紐解いて行きましょう。

  • 恒常性維持機構
  • 仮眠の取りすぎに注意!
  • 眠気対策を効果的に
  • カフェイン摂取の注意点

免疫力、体温、血糖値を一定に保つ生体リズム

恒常性とは、生物において、内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする生体リズムの事です。睡眠にも当然、恒常性があり、アデノシンやプロスタグラジンD2など、40種類の睡眠物質が分泌され、疲弊した身体を休ませるために視床下部に刺激を与えます。これが眠気が発生するメカニズムです。

仮眠は20分までに留めましょう

お昼の魔の時間帯に20分程度の仮眠を取る事を推奨していますが、20分以上の仮眠はノンレム睡眠という深い眠りについてしまい、その後、業務に戻ろうとしても脳が覚醒しておらず、交通事故や仕事のミスが増え、企業による損失を発生させるリスクが高まります。仮眠は「ぐっすり眠る」のではなく、頭を休ませる、眼球を休ませる程度が望ましいです。

重要案件は午前中に!カフェインも効果的

先述の通り、朝起きてから12時間~13時間を過ぎると人間の集中力は低下していきます。従業員個々のパフォーマンスを安定期に発揮できる時間帯に重要な案件を処理することが企業の損失を削減することに繋がります。仮眠を取る事や、カフェインを摂取し、睡眠物質(アデノシン)が視床下部に受容することをブロックし、眠気を抑制しましょう。

カフェインの効果は限定的。飲みすぎると中毒の危険も。

カフェインは摂取してから長い方で3時間~4時間程度と言われています。カフェインは体内で分解・排出されるので、効果が切れると再び眠気に引き込まれてしまいます。眠気を感じる都度、カフェインを摂取し続けると過剰摂取を引き起こし中毒状態になってしまう可能性があります。エナジードリンクなどを過剰に摂取し中毒死した事例もありますので、効果的に摂取しましょう。
カフェイン中毒に注意