交通事故
削減防止

 

社会の悲惨な事故撲滅を目指して

会員向けの交通事故削減を目的としたプログラムを提案しております。参加企業では目標に向けて着実に効果を発揮できるプログラとなります。企業営業活動から生じる交通事故発生率を運転者数の5%以内に抑制することや重大な人身事故ゼロを目標に取り組みます。

参加企業募集

企業の営業や輸送など様々な業務として車両を活用する事業者は少なくありません。その車両の運行中に交通事故を起こしてしまうことは損失を生じさせることに繋がります。損失には金銭的なものから社会的信用など幅広くダメージが及ぶことになります。そのような交通事故を減らしたいとお考えの際は当法人にお任せください。法人会員には当法人の事故削減プログラムをご利用いただき交通事故削減の効果を実現していただきます。

法人様入会方法はこちら

交通事故削減戦略会議

日本チームマネージメント協会では心理学や睡眠学に基づき、睡眠不足やストレスから起因するリスク回避のサポートいたします。交通事故削減戦略会議とは、企業の交通事故を削減するための事故削減システムを導入。運転者の適性を診断することや事故の要因分析などを行います。必要に応じて運転者がどのようなリスクの行動をしているのかドライブレコーダー診断によって運転行動を分析するなど本質的な事故削減策を提供する研修プログラムとなります。

  • 会議参加のメリット
  • ドライブレコーダー映像分析
  • 講演のご依頼

事故削減システムの活用

運転者のモチベーションやバイオリズムをシステム管理します。また、事故・違反歴の管理や免許証の有効期限の管理、持ち込み車両の車検期限を管理。運転者個々の指標をシステム管理することでリスク軽減策を見える化することができます。

交通事故要因を分析

交通事故を起こす要因には心理的要因や睡眠不足が大きく影響しております。単に運転行動にまつわる課題を改善するだけの指導では交通事故は減らせません。
交通事故を未然に防止するための施策や万が一交通事故を起こしてしまった場合の再発防止に本質的な効果のある対応策をご提案いたします。
交通事故分析

個別適性診断・分析

交通事故の発生要因は9割以上がヒューマンエラーと言われます。
運転者の情緒性や行動特性、規範意識などの思考性を分析することや
心理的課題や睡眠課題などの指標を分析することで交通事故の未然防止や再発防止に繋げます。

面談

適性検査の指標から内面的課題や睡眠課題などが検出された場合に個別面談を実施させていただきます。
課題の解決に向け、企業との連携や医療機関などの専門機関との連携などで個々の課題解決に向けた方策をご提案いたします。
睡眠課題のある場合には、医師の指示のもと簡易検査の実施を勧めることがあります。
削減プログラム

映像分析のご依頼受付中

ドライブレコーダーの映像分析は常時録画された運転行動の解析を分析官が行います。その他にもAIによる運転行動の解析によりほぼリアルタイムで運転課題が可視化されます。課題となる運転行動を運転者本人に見ていただき課題運転をメタ認知していただきます。課題となる運転行動を運転者が認識することが課題改善への一歩となります。
ドライブレコーダー

交通安全に関する講演会など承ります。

・睡眠管理によるリスクマネージメント
・交通事故防止のためのストレスマネージメント
・安全運転は能力の限界をしること
心理学・睡眠学の視点からあらゆるリスクを未然防止するための講演を行います。
その他、講演内容はご相談に応じてカスタマイズさせていただきますのでお気軽にご相談ください。
研修構築

交通事故削減プログラム

日本チームマネージメント協会にご加盟いただいた企業様にご提案する「交通事故削プログラム」をご紹介致します。

会員加入

一般社団法人日本チームマネージメント協会
交通事故削減戦略会議

分析

企業における事故発生要因の分析

適正検査

運転者個々の適正診断

コンサルティング

年間を通じたコンサルディング

管理者セミナー

管理者向けセミナーの開催

JTMからノウハウをアウトソーシングしたパートナー企業と連携

教習所イメージ

提携自動車学校

ペーパードライバーの集合研修や個別指導

ドラレコ解析

ドライブレコーダー分析センター

個々の運転者がどのような運転傾向にあるかを分析・診断

面談ルーム

運転に支障が出るような心理的課題にアプローチします